ねね☆まろ☆きららん+1

遊びに来てくれて(*´∀`)゚+.アリガトッ・。゚.☆コメントは嬉しく♪楽しく♪読ませていただいてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆・・まろクンが死んじゃう・・☆

さて

何はともあれ無事うちの子になったまろクン。

私たちにもすぐになついてくれて

同居人さんもまろクンがすごくかわいいらしく

時間をみてはずっと遊んでおります。


まろクンをお迎えして数日経った頃だったでしょうか・・


私はいつものようにPCに向かい、同居人さんはまろクンと

追いかけっこをしておりました。



すると泣きそうな声で同居人さんが

同「どないしたんやぁぁあああまろぉおおおおおおお

その叫び声にビックリしてすぐに飛んでいきました。

き『ど、どうしたん?何があったん

同居人さんは顔面蒼白。

同「どうしたらいいや・・

まろクンに目をやるとお腹から赤い腸のようなものが

飛び出していました。

き『きゃー。遊んでて針金みたいなんにお腹引っ掛けたんじゃないのっ?』

同「すぐに病院やっ!」

あたふたと慌てふためく私たち。

時間も夜だったのでとりあえずタウンページで動物病院を調べて

電話してみました。

幸いにもお医者さんが電話に出てくれて

状況を説明する同居人さん。

同「あっ、あのですね、犬と遊んでてどっかにお腹を引っ掛けたみたいで。。

腸が出てしまったんです


私は心配でまろクンを抱きかかえる。


どうしよう。このまま死んじゃうことなんてないよね・・・

せっかく出逢えたのに・・・死なないでっ!




しかし様子が変だ。

血が流れてないではないか・・・

それに怪我をしてるまろクンはいたって普通。

私は恐る恐る、腸の出ている傷口に目をやってみた・・



ガ━━ (= ̄□ ̄=) ━━ン!!



どうやら、それはおちん○んのようだ。。。Σ(=∇=ノノ


必死でお医者さんに説明する同居人さんに

き『ねぇこれ・・ちん○んみたいよ。。』

同「な、なにぃいいいい

でも生後まだ2ヶ月の仔犬である。そんな事があってもいいのだろうか・・?

同「いや、、あの腸ではなく、よく見たらペ、ペ、ぺ、ペニスがですね。。

完全に出てしまってるようです。えはぃ。散歩?外に連れて行くんですか?解りました。」


まろクンを抱きかかえて外に連れ出した同居人さん。

しばらくして帰ってくると、おちん○んは元のさやに納まってました。

どうやら犬は仔犬でも興奮すると、おちん○んを出す事があるようです。

きっと同居人さんと追いかけっこして興奮したのね。

外で気分転換させたら落ち着いたみたいです。ε-(´∇`)ホッ

同「まろ。よかったなぁよかった、よかった

と言ってまろクンを抱き上げる同居人さん。


き『よかったよかったじゃないわよっ。ばっかじゃないのっ。

な~にが「動物の事なら詳しいから何でも聞いてくれ!」よっ。

犬だって三匹飼ってたって言うてたやん。ヾ(・`ω´・)ノ

まろクンを飼いたくてウソついたんでしょっ。』


同「いや・・か、飼ってた犬は全部・・・メスや・・・

>┼○ バタッ

IMG_4266.jpg


もう死んで下さいっ!

信じた私もばかっ


マジでそう思った事件でした。┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

★**★**★**★**★**★**★**★**★**★**★**★**★**★

ブログランキングに参加しています。
↓のバナーをクリックしてくださると嬉しいです(・∀・)b






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。